東芝、Android2.1搭載の“クラウドブック”。4万円台

【PC Watch】 東芝、Android搭載の“クラウドブック”「dynabook AZ」
 株式会社東芝は、OSにAndroidを搭載した“クラウドブック”「dynabook AZ」を8月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円台半ばの見込み。
 プラットフォームとしてAndroid 2.1を搭載し、クラウドサービスやWebアプリケーションの利用を前提とした薄型軽量な端末。PCと同じ大画面と入力しやすいキーボード、そしてスマートフォンに備わるクイック起動や長時間バッテリ駆動などの特徴を持ち合わせ、同社では“クラウドブック”と呼んでいる。
 CPUは、ARMをベースとしたデュアルコアのNVIDIA製Tegra 250(1GHz)を採用し、マルチメディア性能を高めた。バッテリ駆動時間は、動画再生時で約7時間、アイドル時で約48時間、スタンバイ時で約180時間を実現した。
本体サイズは約262×189.8×12〜21mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約870g。

この手の商品が日本メーカーから出てくるのはもうちょっと先かと思ってました(出すとしてもシャープとか)
ネット用モバイル端末としては、結構悪くないのでは無いでしょうか
Android2.2で無いのと、液晶がタッチパネルでは無いと言うのがちょっと残念

【PC Watch】 東芝、ダブルタッチスクリーンのUMPC「libretto W100」
ちょっと変態的なタッチパネル操作が気になる新librettoも発表されています
Trackbacks
トラックバックには、以下のURLをご利用下さい。
http://another.willcomnews.com/trackback/1035362
[PAGETOP]