auベースなMVNOのSIMサービスmineoを契約してみました

mineo(マイネオ)
ドコモのMVNO SIMはいくつか契約してきましたが、auのMVNO SIMが出たということで、au通信・端末を使ってみたさに早速契約してみました
音声オプションが610円(税抜)と、ドコモMVNOに比べて安いこともあり、音声付のデュアルタイプで契約してみました。

携帯電話の音声契約は、ウィルコム定額プラン開始時にボーダフォンハッピータイム目的の電話機を解約して以来になります
予約で半年間基本料金無料だし、とりあえず1年間使ってみようかな〜と



基本スペックとしては、
データのみのプランで、月額1,058円(税込)で高速通信1GBまで(超過分は200k)
音声付プランは、月額1,717円(税込)となっています

端末有のプランもあります
(ほぼ、一日会社で仕事をして通勤中のWeb閲覧程度にしか通信を使わない自分には1GBは過剰です。今まで契約してたiijmioも完全に持て余してます)


個人的にポイントとなるドコモMVNOサービスに対する特徴としては、(一部未確認の内容もあります)
1.CDMA2000方式のため、基本的に海外のSIMフリー端末は使用できない。逆に、auのキャリア端末が利用できる。
2.キャリア端末利用時にテザリングができる(iPhone除く)
3.キャリア端末利用時に、アップデートができる(ドコモの場合、キャリア契約SIMが無いとアップデートできないことが多い)
4.音声無しでも、アンテナピクト問題が発生しない(セルスタンバイ問題もない?)
5.データは4GLTEのみで、3Gデータは使用できない
 ※WiMAX2+は利用できるとの報告あり(パケット通信量の対象になる)
6.公式におサイフ機能が使用可能であることを明言している(ドコモMVNOは使用できないと言っていますが、実際はできます)


その他、サービス的な特徴のポイントとしては、
1.050電話サービスの月額基本料金が無料(ユニバーサルサービル料はかかります)
2.パケットの高速分の1か月繰越が可能(iijmioと同様)
3.公式提供されている端末がキャリア端末と同様のスペック
4.1年縛りはあるが、更新ではなく当初1年の縛りのみなので、割と後腐れない(hi-ho等と同じ)
5.現状SIM複数枚のサービスは無い(但し、複数契約のパケットシェアはできる)
というあたりでしょうか

実用面でみると、(auなSIMが欲しいという)若干好事家向けの要素もありそうです。


先にSIMカードが届いて後から契約関連の書類が届きました
SIMカードはゆうぱっくで宅配ボックス受取可能
契約関連書類も特に書留等ではないので、郵便受けに入ります
ここら辺は、全時間労働者にはありがたいところです

届いて、事前に中古で買っておいたSHL24に設定
マニュアルに書かれたAPNを設定するとすんなり接続されました
(iPhoneの場合は、プロファイルのインストールのみなので、ある意味もっと楽)

通信速度は、こんな感じですが、生活圏内では割とどの時間、どの場所でも快適です

3G通信ができないので困ったということも現時点ではありません
iijmioなども契約していますが、「LTEしか繋がらない」が逆に功を奏してか
かなり快適な通信ができているイメージです
(LTE障害が発生した時とかは困ると思いますが・・・)

音声に関しては(当たり前ではありますが)、楽天でんわ等の第三者課金サービスも問題なし
Lalaコールに関しては、まだ通話してみたことがないので、安定性等は不明です


テザリングも普通にONにするだけで問題なく接続可能
月1GBのサービスなので、テザリングをガッツリ使うと言うのは適してないと思いますが、
ちょっとした時の緊急回線があるというのは、密かに嬉しいところです


個人的に気になったのが、SHL24個別の問題という可能性もありますが、
プリインストールアプリが異様に多いこと
ドコモ端末でもキャリアアプリ・プリインストールアプリはかなり多いですが、
それよりもかなり多いイメージです
プリインストールアプリは無効化はできてもアンインストールはできないので、若干嫌な感じです

だいたいこんなところですが、総評としては住んでいるエリアにもよりますが、
割とメインの使用にも耐えられるサービスなんじゃないかと思います

Comments

kddiぽけっと:(2014/06/10 6:01 PM)

よかったら
1GB突破後の様子が知りたいです!
実際200kbpsより上なのか下なのか?
ずーっと延々通信した時に200kbps以上の制限とかかかるのか?

.:(2014/06/10 6:12 PM)

うちは田舎だから4Gオンリーはきつそうだなぁ
実測10Mbpsとか夢のような話だが

null:(2014/06/11 9:41 AM)

良さげですなぁ

あ:(2014/06/11 12:48 PM)

Kero大丈夫なことを忘れてるわ。
IIJIと比べて、メールアドレス貰えるぞ。
これは個人的にデカイ。

::(2014/06/11 1:25 PM)

iijってメールアドレスもらえないんだ?
iijより安いグループ会社のhi-hoは貰えるのに

ぷっ(笑):(2014/06/11 9:04 PM)

無理して呼び捨てタメ口使わなくてもいいんじゃないですか?(笑)

あ:(2014/06/11 9:37 PM)

hihoメール貰えるならIIJIよりいいな。
IIJIは別料金発生してた。500円程度。

うーん:(2014/06/12 3:22 PM)

MVNOに行ったのに
キャリアメール貰えるのがいいのか?って思ってしまう。

IIJIってIIJの事だろうけど、最後のIって何の略なんだろう。

どうでも良い話だけど:(2014/06/12 4:36 PM)

iijのティッカーシンボルはIIJIだからじゃない?
最後のIは、Inc

あ:(2014/06/12 6:27 PM)


>うーん
通話出来るのを選べば一台で済む。
後、.comは相手にはじかれやすいからさ。

キャリアメールいらね:(2014/06/14 9:00 PM)

今時、周りもスマホだらけだし、もはやキャリアメールの優位性は感じられない今日この頃。いざとなればSMSすればいいし。

もちろん、特殊な環境にいる人を否定はしませんがね。

アスパラ:(2014/06/15 10:38 AM)

いざとなった時ってWILLCOMのPHS、SMSまだ使えねーじゃんw

キャリアメールいらね:(2014/06/15 8:02 PM)

あれ、MVNOの話をしているから、PHSは全く眼中になかったわ。
だいたいPHSでSMSっていってもな、今更感ありすぎ…。おまけに世界中の端末で使える機能が今からの新規端末だけとは…トホホ。

多分普及するより先にPHS停波が先に来ると思う。(笑)













※半角英数字のみのコメントは投稿できません
※「信者」とか「アンチ」などの言葉を含む投稿は予告無く削除する可能性があるのでご注意ください(方針参照のこと)
Trackbacks
トラックバックには、以下のURLをご利用下さい。
http://another.willcomnews.com/trackback/1035703
2014/06/11 2:03 PM
個人的にポイントとなるドコモMVNOサービスに対する特徴としては、(一部未確認の内容もあります) 1.CDMA2000方式のため、基本的に海外のSIMフリー端末は使用できない。逆に、auのキャリア端末が利用できる。 2.キャリア端末利用時にテザリングができる(iPhone除く)
伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団)
[PAGETOP]